台湾旅行に便利で必要な持ち物リスト【2017年】




台湾旅行便利必要持ち物リストにしてみました。


台湾旅行の前に一度、忘れ物がないかリストチェックしましょう。


現地でもほとんどの物が手に入りますが、日本より値段が高かったり探すのに時間がかかったりしますので、台湾旅行で必要な物は日本で持っていくことをオススメします。


最後に台湾リピーターが忘れずに持っていきたいものリストもありますよ。


パスポート




パスポートだけは忘れずに持って行ってください。

外国に行くにはパスポートが絶対必要です。

台湾は日本ではなく、海外なのでパスポートを持っていきましょう。

パスポートの有効期限が6ヶ月以上あることも確認しましょう。

渡航先によってパスポートの有効期限の日数が決められていて必要日数以上、必要な場合があります。

さらにぼくはパスポートの縮小コピーを財布にも入れています。

さらにスマホにも写真として保存しています。

さらに自分のメールにもパスポートの写真を送っています。



航空券・Eチケット




最近は航空券をスマホなどで確認できたり、提示できますが、Eチケットを念のためにコピーして持っていきます。

航空会社によってパスポートだけで大丈夫な場合や、予約のコピーの提示を求められる場合がありますので、気をつけましょう。

台湾の往復航空券で買っていれば問題ありませんが、片道航空券だけだと航空会社から台湾からの出国チケットの確認される場合がありますので証明できるコピーを持っておきましょう。

格安航空券を探すにはスカイスキャナーというサイトが便利です。

すべての航空会社のチケットの取り扱いはありませんが、航空券を格安で購入できるサイト「Surprice(サプライス)」でクーポンを使用して購入すると超激安になる場合もありますよ。


お金・クレジットカード




お金もしくはクレジットカードがない台湾旅行ではなにもできませんよね。

台湾旅行の予算はなにをするかどこに行くか何を食べるかによっても変わりますが、ホテル代はホテル予約サイトで事前にクレジットカードで支払済なので、ぼくは大体1日4000円(約1000元弱)を予算に組んでいます。

現地通貨を手に入れるにはクレジットカードキャッシングのほうがお得なので、ぼくは空港につくとすぐにクレジットカードで現地通貨をおろしています。

大体の国で現金から両替するよりクレジットカードでキャッシングしたほうが利息を含めてもお得です。

クレジットカードが使えない万が一の時も考慮して数万円は現金で持って行っています。

日本円から台湾元に現金で両替するときは台湾に到着してから空港で両替するのがお得です。

海外キャッシングするならATM手数料が無料のリクルートカードがオススメです。

リクルートカード

台湾桃園空港・高雄空港のATMでクレジットカードから海外キャッシングしてみた。


海外旅行保険




海外旅行保険は、ぼくは基本的にはクレジットカードに付帯している海外旅行保険でカバーしています。

【エポスカード】なら海外旅行保険付帯なのでオススメです。

【エポスカード】

トラベル用の小分けボトルとチェック付きの透明ケース


モーカルズ(MOKALE) 旅行ボトル、トラベルボトル、小分けボトル、プラスチック容器、詰め替え、旅行携帯用、出張、海外旅行用、化粧品収納、 旅行用グッズ 、プラスチックの袋付き (グリーン)


国際線で機内持ち込みで100ml以上の容器の液体物は持ち込めないので、シャンプー・化粧水・ワックス・歯磨き粉などを持っていく行く場合は100ml以下の容器に移し替えてチェック付きの透明ケースに入れましょう。




紙とペン




飛行機のなかで入国カードを書く時にペンが必要です。

あと町中で筆談するときに便利です。

台湾の言語は中国語ですので、漢字でコミュニケーションできますよ。

台湾は記念スタンプを置いてあるところも多いので、スタンプを押しやすいノートもいいかもしれませんね。




SIMフリースマホ


【国内版SIMフリー】 iphone 6s A1688 (64GB, ゴールド)

台湾では簡単・格安にプリペイドSIMが購入できるので、SIMフリースマホがあると色々と便利ですね。

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホもショップでSIM解除できたりするので、渡航前に解除できるか一度キャリアショップでチェックしてみましょう。




スマホ充電モバイルバッテリー


cheero Power Plus 3 mini 6700mAh モバイルバッテリー ホワイト


スマホ時代なので、スマホのバッテリーが切れるとなにもできない人も多はずです。

そこでモバイルバッテリーを一個、持っておくと便利です。



海外用レンタルWi-Fiルーター



ぼくはSIMフリースマホをゲットしたので、Wi-Fiルーターを最近は借りないのですが、SIMフリースマホを持っていない方は日本で海外用レンタルWi-Fiルーターを借りて行った方がおトクな場合が多いかなと思います。

複数人で一緒に行く場合は共有できるので、一台借りて割り勘すれば安くなると思います。

イモトのWiFiならキャンペーンなどを行っている時だとさらに安く借りれたりしますよ。

イモトのWiFi

海外・台湾旅行で使える「海外用Wi-Fiレンタル」一覧まとめ

ポケットティッシュ&ウエットティッシュ


ネピア 鼻セレブ ポケットティッシュ 24枚(12組)×16個パック

台湾はとにかく脂っぽ食べ物が多いので、ティッシュを常備しときたいですね。

夜市の屋台などで脂っぽい食べ物を食べた時に手と口を拭きましょう。

鼻セレブなら優しい肌触りで皮膚を傷めないのでオススメです。




衣類圧縮袋


【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 10枚組 日本製


衣類はとにかくかさばるので圧縮袋が役立ちます。

服を買った際に持って帰る時も圧縮袋が余分にあれば便利です。

衣類圧縮袋でもビニールがバリバリと音を立てるタイプと音がカサカサいうタイプがあるので注意が必要です。

個人的にはカサカサいうタイプを好んで買っています。




折り畳み傘


【MoMA】 Collapsible Sky Umbrella 折り畳み傘 スカイアンブレラ


台湾は突発的に雨が降ることもあり、地域ごとに天気が変化しやすいので折り畳み傘をひとつバッグにいれておくととても重宝します。

台湾の夏は日差しがとても強いので、UVカットの日傘だと日焼け予防としても使えるので良いと思います。

台湾のいたるところで100元(約350円)〜と格安で売っているので現地で購入しても良いでしょう。




日焼け止め


MISSHA BBクリーム UV (No.23)[SPF40 PA+++]

台湾の太陽の紫外線は半端ないです。

特に夏は殺人的な紫外線量です。

冬も晴れている日は紫外線を感じます。

SPF50以上でやっぱり日本製がオススメです。




サンダル




個人的に海外旅行の持ち物でオススメなのが、サンダルです。

まず飛行機に乗る時にサンダルに履き替えます。

飛行時間が長いと普通の靴だとやはり疲れたり、蒸れたりするので飛行機の時はサンダルに履き替えます。

スリッパ代わりみたいな感じです。

そしてホテルとかゲストハウスでも紙製のスリッパは履き心地が悪いので、紙スリッパは履かずに持参したゴム製のサンダルを履きます。

台湾や外国のホテルなどのバスルームは床が水で濡れている場合が多いので、サンダルを履いているとなにかと便利です。




カメラ


Panasonic ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラウン DMC-GF7W-T

海外旅行には綺麗に撮影できて小型なミラーレス一眼がオススメです。

コンデジよりセンサーが大きいので、簡単に背景をぼかして撮影できたりもできます。

個人的には初心者にはタッチパネルで簡単にピントを合わせれるパナソニックのルミックスがオススメです。



ぼくは何種類かミラーレス一眼を持っているのですが、ルミックスだと例えば、上記な感じで撮れます。

綺麗に撮れてますかね?




スマホ・カメラなどの充電器・充電ケーブル


Anker プレミアムライトニングUSBケーブル Apple認証(Made for iPhone取得) コンパクト端子 ホワイト0.9m A7101021

スマホやカメラなどの充電器、充電ケーブルは忘れやすいので要注意です。

旅行先のホテルなどにもコンセント刺しっぱなしなんてことも多いので、チェックアウトの際は一度要チェックですね。

アンドロイドスマホなどはマイクロUSBで充電なので、安く手に入りますが、iPhoneやiPadだと純正のlightningケーブルかApple MFI認証のでないと使い物にならないのでちょっと高価なので、忘れたり、なくしたりするとちょっと痛手になるので注意が必要ですね。

Apple MFI認証以外のlightningケーブルは粗悪品が多いのでオススメしません。




薄手のパーカー


ICEPARDAL(アイスパーダル) 全20色 レディース 無地 ラッシュガード パーカー IR-7100 WHT-SV WMサイズ UPF50 + ラッシュ パーカー 指穴つき 水着 おしゃれ かわいい 人気 白 色 ホワイト

夏でも冷房が北極みたいにガンガンにするところがあるので、一枚はつねに長袖を持っておきたいです。

夏だとUV加工されている長袖だと日焼け対策にもなりますね。




衣類


(ジアグー)Zeagoo レディース ワンピース ドレス Aライン ノースリーブ リボンベルト付 シフォン 大きいサイズ対応 49種類


台湾旅行の服装は悩みますよね。

一年間を通して台湾にいたことがあるので、お教えします。

12月、1月、2月、3月


台北は普通に寒くて冬です。

ただ冬でも急に温度が上昇して数日だけ夏日でTシャツで過ごせるなんて日もあります。

南部の台南、高雄も寒い日がほぼですが、暑い日も結構多く薄手の長袖で過ごせる日もあります。

台北だけなら普通に日本と同じ冬服で大丈夫かなと思います。

南部行くなら一応薄手の長袖とかTシャツが必要だったりします。

冬なのに冷房かけている施設も多いので、寒い上に余計寒い時があり、暖房器具もないところが多いので日本より寒いなんてところも多いです。

4月、5月


かなりいい感じの季節です。

台北だと温度急上昇の夏日が結構多くなり、Tシャツで過ごせる日が結構多くなるけど、たまに寒くなったりします。

南部はほぼTシャツだけどたまに長袖。

6月、7月、8月、9月


とにかく暑い、蒸してる。

ちょっと歩くだけで、汗だく、だがしかし、施設に入るとクーラーガンガン、激サブなんてことも。

Tシャツは多めに、クーラー苦手な人は薄手の長袖・パーカーは必須アイテム。

日焼けしたくない日は逆にUVカット加工の薄手の長袖がオススメ。

10月、11月


この時もいい感じ。

基本、暑い。

寒くなり始める。


タオル


ブルーム 今治タオル レオン ハンドタオル 3枚セット サンホーキン綿 (ナイト) leon_ot3_n


旅行なので、乾きやすいマイクロファイバーのタオルや速乾系のタオルや薄手のタオルを一枚持っておくとすごく便利です。



女性の方に必需品な持ち物は?


化粧品、生理用品などです。

使い慣れたものが台湾で売ってない場合もありますので、できれば日本から持っていきましょう。

台湾リピーターが忘れずに持っていきたいもの



台湾が好きで何度も行っている台湾リピーター忘れずに持っていきたい物もまとめました。

「あ〜忘れたわぁ」ってことがないように。

悠遊カード ・iPassなどの交通カード




台湾好きなら悠遊カード(EASY CARD)iPassなどの交通カードを持っているはずです。

忘れずに持っていきたいですね。



台湾ドル




前回余った台湾ドルがある場合は忘れずに持っていきたいですね。

前回より円安になっていてトクすることもあったりして!!?

プリペイドSIMカード



チャージしてから6ヶ月は有効なので、プリペイドSIMを購入したりチャージして6ヶ月以内の方は忘れずに持っていきましょう。

6ヶ月をちょっと過ぎていても復活できる場合もありますよ。

キャリアによってはネットからチャージすることも可能みたいですよ。







関連記事


台湾桃園空港から台北駅まで桃園空港線MRTに乗ってみた。

台湾桃園空港の無料シャワーを浴びてみた。

スターバックスの台湾限定版マグカップ・タンブラーを買うなら桃園・松山空港がオススメ

Surprice(サプライス)航空券割引クーポン取得方法まとめ

台湾旅行に便利な無料iPhone・Androidアプリ

台北おすすめグルメ28選!必食!

台湾・台北おすすめゲストハウス

台湾・台北のオススメ観光スポット41選



オススメ記事



トクトク情報



おすすめグルメ記事



初めての台湾旅行におすすめの記事



台湾旅行におすすめのホテル・ゲストハウス



ピックアップ