台湾桃園空港プリペイドSIMカード購入方法まとめ!(松山空港・高雄空港・2017年)

プリペイドSIMカード購入方法まとめ


台湾の桃園・松山・台中・高雄空港には携帯キャリアショップの会社があります。


空港のキャリアショップでプリペイドSIMカードを簡単に購入できます。


市内の携帯キャリアショップでも購入は可能ですが空港限定プランなど台湾旅行者に特化した格安サービスプランもあるので、台湾の空港でプリペイドSIMカードを購入することをオススメします。


SIMフリーのスマートフォン・携帯端末を事前に用意しておくか、携帯キャリアの会社でSIMフリー端末も一緒に購入することも可能です。


ドコモ、ソフトバンクなどで現在お使いの日本のスマートフォンを日本のキャリアショップに持ち込むとSIMロック解除を行ってくれるサービスもありますので、台湾渡航前に事前にSIMロック解除をして準備しておくと日本でお使いのスマートフォンを台湾に持って行き台湾で購入したプリペイドSIMカードを装着すると使用することも可能ですよ。


台湾でプリペイドSIMカードを購入するのに必要なものは下記の3点


1、パスポート




2、日本の身分証明書(免許書、健康保険書など)


*提示を求められない場合・キャリアもあります。


*20歳以上でないとプリペイドSIMカードは購入できません。


3、台湾元もしくはクレジットカード





プリペイドSIMは300元(約1200円)程度から買えます。


*購入する場合、台湾元の現金のみのキャリアもあります。


次に通話だけするのか、データ通信(インターネット)もするのかで購入プランを決めましょう。


プリペイドSIMカードにはSIMカードサイズが三種類(標準SIM、microSIM(iPhone4S)、nanoSIM(iPhone5、6))ありますので、端末によって違いますので気をつけましょう。


*プリペイドSIMカードは1携帯会社につき1人1枚まで購入可能です。(3Gと4G・LTEの2種類2枚買える場合あり)


桃園国際空港には台湾大哥大、中華電信、遠傳電信、台湾之星、亞太電信の5社あります。


松山空港には現在のところ中華電信しかありません。


*空港にある携帯通信会社ショップには空港専用プリペイドSIMカードプランがあり街中よりお得な場合あります。


*通常の契約で台湾で買う場合は台湾人もしくは台湾在住の人の保証人が必要ですので、もしプリペイドではなく通常の契約がしたい方は保証人と一緒に携帯ショップに行きましょう。


*なにがなんだかわからない方はSIMフリースマホ端末とパスポートをそっと差し出してみましょう、たぶん店員さんがやさしくやってくれます。


中華電信(Chunghwa Telecom)




【桃園空港の中華電信】

桃園国際空港の中華電信店舗の営業時間は8時〜21時。



【松山空港の中華電信】



【台中空港の中華電信】



【高雄空港の中華電信】

中華電信(料金表)



プリペイドSIMカード価格:300元〜
(現金でのみ購入可能・クレジットカード払い不可)

空港で買うプリペイドSIMカードは空港限定プランがあり、時期やキャンペーンなどによってプランの値段が多少変わったりします。

3G・4G(LTE)対応

PINロック初期ナンバー:0000

中華電信のAPN設定
APN:internet
ユーザID:なし
パスワード:なし


通話残高・有効期限は「928」に電話すれば自動音声ガイダンスで聞くことが可能です、日本語も対応しています。

180日(半年間)有効、180日(半年間)以内に追加リチャージしない場合利用停止します。

利用停止になった場合は再度プリペイドSIMカードを購入することになります。

SIMカードのサイズを変更してみた。



iPhone4SからiPhone5Sへ変更したので、中華電信の店舗へ行きmicroプリペイドSIMカードからnanoプリペイドSIMカードへ無料で変更していただけました。


中華電信のプリペイドSIMカードの日本語ページ






4G プラン NT$300〜


成田空港・羽田空港


成田空港羽田空港のテレコムスクエア店舗にて中華電信のプリペイドSIMカードを購入することが可能になりました!

【商品概要】
成田空港羽田空港で購入できるプリペイドSIMカードは現在「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」のみ

・料金:1,400円(不課税)
・データ通信量:無制限
・通話:通話料50元分無料
・リチャージ:日本ではリチャージは不可で中華電信営業窓口または特約サービスセンター、台湾国内のコンビニでリチャージカードの購入が可能

【販売場所】
・成田空港 第1ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第1」 (営業時間7:30-21:00)

・成田空港 第2ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第2」 (営業時間7:00-21:00)

・成田空港 第3ターミナル 本館2階 「モバイルセンター成田第3」 (営業時間6:00-21:00)

・羽田空港 国際線旅客ターミナル 3階 出発ロビー 「モバイルセンター羽田空港」 (営業時間6:30-23:00)


KKday


台湾を拠点とするオプショナルツアー販売サイト「KKday」で中華電信プリペイドSIM カードを簡単に格安で予約することが可能です。

予約後は桃園国際空港第一ターミナル / 第二ターミナルの『遊客邦』カウンターで受け取れます。


中華電信客服(iPhone・Androidアプリ)


中華電信客服
中華電信客服
無料
posted with アプリーチ

台湾大哥大(Taiwan Mobile)







【高雄空港の台灣大哥大(Taiwan Mobile)】



【高雄空港の台灣大哥大(Taiwan Mobile)】



【高雄空港の台灣大哥大(Taiwan Mobile)の料金表】

プリペイドSIMカード価格:300元〜

3G・4G(LTE)対応

180日(半年間)有効、180日(半年間)以内に追加リチャージしない場合、利用停止します。

利用停止になった場合は再度プリペイドSIMカードを購入することになります。

桃園国際空港の営業時間、8時〜21時


台灣大哥大行動客服(iPhone・Androidアプリ)


台灣大哥大行動客服
台灣大哥大行動客服
無料
posted with アプリーチ

遠傳電信(FAREASTONE)




プリペイドSIMカード価格:300元〜

3G・4G(LTE)対応

桃園国際空港の営業時間、8時〜21時


遠傳行動客服(iPhone・Androidアプリ)


遠傳行動客服
遠傳行動客服
無料
posted with アプリーチ




台湾之星






プリペイドSIMカード価格:250元〜

3G・4G(LTE)対応


亞太電信








セブンイレブン7-mobile




セブンイレブンのプリペイドSIMがセブンイレブンで販売しています。


おすすめのプリペイドSIM通信会社はどこ?



ぼくは今まで台湾で台湾大哥大(Taiwan Mobile)中華電信(Chunghwa Telecom)のプリペイドSIMを買いましたがとくに不満なく使えましたよ。

台湾大哥大と中華電信は台湾では最大手の2社なので街中にたくさん支店もあるので、万が一困っても支店にすぐに行くことができます。

留学や仕事などで一ヶ月以上の長期で台湾に滞在予定の方は台湾之星遠傳電信が長期の格安プランがあります。

長期の格安プランは公表していない場合がありますので、店員さんに確認してみると長期プラン・学割プランを教えてくれる場合があります。

台湾のプリペイドSIMカードの残高を追加・リチャージする方法



1. プリペイドSIMカードのキャリアの店舗に直接行って支払ってリチャージしてもらう(パスポートも必要)

2. コンビニの端末でプリペイドカードを購入→サポートセンター自動音声案内→プリペイドカード番号を入力

3. クレジットカードで残高を補充

台湾から日本に国際電話をかける場合



電話番号の前に+81を付け加えます。

03-○○○○-△△△△

090--○○○○-△△△△

などの最初の0は不要です。

例1
+81 3-○○○○-△△△△

例2
+81 90-○○○○-△△△△

筆者が台湾のプリペイドSIMで日本に電話をかけた際の通話料金は10分間で約100元(約350円)ぐらいでした。

日本で使用のスマートフォンを海外で使用した場合に高額請求にならないためにはどうしたらいい?


日本で使用している状態のままスマートフォンなどを海外に持って行った場合は海外ローミングを自動的に行ってデータ通信をして高額請求などになってしまう場合があります。

なので日本を出国する前に事前に設定を確認しておきましょう。

1・SIMカードを抜いておく


一番安全な方法はSIMカードを抜いて使用する方法です。

これなら絶対に安心・安全です。

留学・移住・長期滞在の場合などはこの方法がいいかもしれません。

2・フライトモードにしておく


こちらもかなり安全な方法です。

SIMを挿入した状態で一番安心・安全な状態です。

3・キャリア・スマホによって違う


フライトモード以外で使用したい場合は他にも様々な方法がありますが、キャリア・スマホによって違うので事前に調べておきましょう。

最近では海外専用プランなどもありますのでチェックしておきましょう。

IP通話アプリ(iPhone・Android)


台湾から頻繁に電話をかけるならIP電話が断然お得!

LINE


LINE
LINE
開発元:LINE Corporation
無料
posted with アプリーチ


台湾人全員持っていると言っても過言ではないスマホ定番アプリLINEです。

最近ではLINE Outという機能で電話も格安でできるので便利ですし、とっても格安で通話ができますよ。

さらに最近の台湾ではホテル、店舗、企業などもLINEを積極に取り入れておりLINEで連絡できる場合もあるので電話代がかからずに予約や問い合わせできるシーンも増えていますよ。

台湾に行っても日本で使っているLINE IDをそのまま使用可能です。

台湾のプリペイドSIMカードで新しくIDを作ることも可能です。

SMARTalk


SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
無料
posted with アプリーチ


台湾から日本に国際電話をかける場合はIP電話を駆使すれば通話料を安くできます。

急に日本に用事がある場合も多いのでIP電話アプリをダウンロードして日本で設定してから行くことをおすすめします。

SKYPE


Skype for iPhone
Skype for iPhone
無料
posted with アプリーチ

台湾国内から国内へ電話をかける際や、頻繁に日本への電話がある場合はスカイプで契約して通話した方が安い場合があるので、頻繁に電話をかける人にはスカイプがオススメです。

定額料金でかけ放題プランなどもあるのでオススメ。

もちろんスカイプ同士だと無料で通話、メッセージができるので中の良い家族・友達とはスカイプ同士で通話するのがありですね。

プリペイドSIMカードで使用するSIMフリー端末


Apple iPhone 7 Jet Black【国内SIMフリー】 (128GB)



おすすめおスマートフォン端末ですがiPhoneのSIMフリー端末が一番オススメです!


おすすめの理由はiPhoneは日本でも使えますし、世界中の言語を簡単に使えます。


台湾の繁体字の中国語の入力をピンイン設定など超簡単にできますよ。


SIMフリースマホ端末ですが、日本で手に入れる場合はApple Storeやamazon楽天市場EXPANSYSiconなどで簡単に買えます。


キャリアのiPhone端末でも一定期間を過ぎるとSIMフリー端末に解除することも可能ですよ。


台湾の現地で手に入れる場合は町中にある携帯ショップ、Apple Store提携店があるので比較的容易にゲットできます。





台湾・台北でSIMフリースマホ端末を買える場所


1.忠孝新生(秋葉原みたいなところです)

2.西門町(携帯ショップが複数入っているビルがあります)

3.公館駅周辺(学生街に端末ショップが数店舗あります)


通話だけの携帯電話端末でしたら1000元(約3500円)ぐらいからあります。

*台湾の中国語は繁体字で注音ですので端末によっては拼音入力できない機種がありますので拼音入力でメールをしたい方は店員に訪ねてみましょう。


台湾プリペイドSIMカードでテザリングは可能?




iPhoneでテザリングをしたい場合はインターネット共有をオンにするだけでテザリング可能です。




スマートフォンの機種やモバイルルーターの機種によってはできない場合があるので注意が必要です。

amazonで買える台湾で使えるプリペイドSIMカード



海外WiFiレンタル


成田や関空で海外用WiFiレンタルして持っていくとすぐ使えます。

一台で複数のスマホで使えるので割り勘すれば安く済む場合が多いです。

ハイシーズンの混雑時は品切れもありますので、早めの予約をオススメします。

SIMフリースマホを持ってない方やグループで行く場合は日本で「イモトのWiFi」などのレンタルWiFiサービスを利用してレンタルするといいでしょう。



海外用WiFiルーター準備した?
>> イモトのWiFi <<




関連記事


台湾桃園空港から台北駅まで桃園空港線MRTに乗ってみた。

台湾桃園空港の無料シャワーを浴びてみた。

スターバックスの台湾限定版マグカップ・タンブラーを買うなら桃園・松山空港がオススメ

Surprice(サプライス)航空券割引クーポン取得方法まとめ

台湾旅行に便利な無料iPhone・Androidアプリ

台北おすすめグルメ28選!必食!

台湾・台北おすすめゲストハウス

台湾・台北のオススメ観光スポット41選



オススメ記事



トクトク情報



おすすめグルメ記事



初めての台湾旅行におすすめの記事



台湾旅行におすすめのホテル・ゲストハウス



ピックアップ